スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記 

医師には専門があり、当然専門外のことになると、研修医レベルまでの知識しかないとか、あるいは興味がないといった場合があるのだと、今回知った。


特に、脳神経外科のような、高い技術と、最新の技術が要求されるような分野で頑張っている医師は、脳の手術は非常に優秀だが、その後のケアについては非常に疎いのだという印象を受けた。


手術が大成功して医師を信用しきっていた1ヶ月後に、6cmもの褥瘡ができた。

手術が成功したために、医師をはじめとする病院を信用しきっていたのだが、褥瘡ができるというの看護士の明白な「怠慢」でしかなく、それも6cmもの大きさである。


「脳ではない分野で、父が参ってしまう!」と思い、急いで転院することができたのは、家族に看護士である妹がいたからである。


現在の医療システムでは、病院に3ヶ月以上入院することはできない。それ以上長くいると、病院の経営を圧迫するらしい。だから、いい病院に辿り着いても、また3ヶ月後には病院を探さなければならない。

今回転院して、父はまたICUに入っている。1日9万円の費用が、ICUにいるだけでかかる。

転院するたびに、検査やら、病状を看るためにしばらくICUに入っていては、家族の経済は破綻してしまう。


折しも、先月の選挙で大勝した自民党が、高額医療費の補助について、見直しを検討している。

定年し、収入がなくなる。そうなると、毎月の出費を抑えるために、生命保険を縮小する。そして、倒れたら、僅かの保険金の給付と、毎月100万円近い出費が必要となる。

父の場合、高額医療費の補助によって、患者の負担する実費が、約7万5千円程度で済むのだが、もし、両親に貯金がなかったら、毎月7万5千円を病院に支払い、おむつ、パジャマ、洗濯物といった雑費も必要となる。


補助を受けるための手続き、お見舞いにきてくれた人への配慮、父に必要なものを揃えたり、情報を集める時間も必要になる。


正直言って、お見舞いにいっている時間がもったいないくらい、忙しくなる。また、お見舞いにいく時間があったら、副業を身につけたいと思う。


仕事と看病を両立することは、精神的に、肉体的に、経済的に、こんなにしんどいものだとは思ってもいなかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/94-ed264ceb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。