スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

78日目 転院して一週間 

10月6日(木)に、日田市の脳神経外科専門病院から、福岡の総合病院に転院した。

救急タクシーと呼ばれる、救急車のようなタクシーに、看護士である妹が共に乗って、無事転院。

転院先は、妹が半年前まで働いていた総合病院。

日田の病院は、脳に関しては相当しっかりした病院のようだったが、入院患者へのケアがどうもよくないと感じていた。


 1ずっと下痢が続いていたことを言ってくれなかった。

  →毎週頼んでいた医師からの病状説明で、説明がされていなかった。

   隠そうとするつもりはなかったのだろうが、言ってくれないと分からない。


  ※転院後判明したのだが、父は脱水症状になっていた。


 2褥瘡(じょくそう)が6cmまで広がっていた。

  →妹が約5年間勤務していた病院で、ここまで大きな褥瘡(じょくそう)を、

   入院患者に作ったことはない。

   父は肌が弱く、褥瘡ができやすかったのかもしれない。

   しかし、褥瘡ができていたのは、父だけではない。

   同室で寝ていた老人は、褥瘡で骨まで穴が開いてしまったため、

   他の病院へ手術のために転院した。


  ※転院後7日目の検査では、褥瘡が5cmになり、傷の中の方が盛り上がってきているので快方に向かっている。


 3体臭

  →入院当初、手術があったり、命を取り留められるかどうかという瀬戸際だったため、

   感染症を起こさないようにとてもきれいに父を拭いてくれていたようだった。

   しかし、入院後2、3週間すると、体臭、口臭が強烈に臭くなってきた。

   口を開けて呼吸していたので、父の唇と、舌は、表面がパリパリになって、

   アカギレで血が滲んでいた。


  ※転院後7日目に面会したが、アカギレはなくなっていた。また、口臭も体臭も収まっていた。


 4熱

  →手術後の約2ヶ月間、ずっと37度以上の熱が続いていた。

   一時は点滴が全て外れ、チューブを胃に通し、栄養を胃から採るようにしていたが、

   下痢が酷く、やつれる一方なので、静脈に直接入れる濃い点滴が、

   9月の下旬から入っていた。

   医師は、どうして熱が続くのか分からないといっていた。


  ※転院後7日目には、熱は36度3分に落ち着いている。
   転院後2、3日目には、38度まで高熱になったこともあったようだが、その後は36度代で落ち着いている。



   また、熱が落ち着き始めた転院5日目の深夜、

   「中村さーん」と看護士が呼びかけると、

   「はーい」と答えたらしい。その後7日目までの間に、返答したことはまだない。

   母や妹、そしてぼくという、家族だけが、父の意識が回復していると、

   僅かな表情で喜んでいたのだが、

   今回初めて、第三者が、父の意識回復を知らせてくれた。


   検査で、父は牛乳アレルギーがあることが分かった。

   日田の病院で、父が下痢を始めた原因は牛乳だった。

コメント

初めまして。コメントありがとうございます。
今後、これまでの経緯なども追加していこうと思っています。
今は、ただ少しでも、父の意識が回復することを願いつつ、母や妹が倒れないよう、頑張っていかねばと考えております。

初めまして。タイトルにひかれ、記事を拝見しました。
私は3月まで、ナースとして総合病院の脳神経外科に勤務していました。
脳神経外科の患者さんの看護では、本人のケアはもちろん、
突然の発症によるショックとパニック、
そして大切な家族の生命の危機に、突然直面する家族のサポートがとても重要です。
とても貴重なご家族の思いを見せて頂きました。
お体を大切に、お父さんのサポートをなさって下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/93-e6d94bad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。