スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94日目 水頭症手術完了 

脳にたまりすぎている髄液を出すことで、父の意識が回復する可能性がある。
そのために、仮の水頭症を手術をした。
水頭症手術が、父の意識回復にいい効果のようだと、医師が認め、今日、水頭症の手術を完全に行った。


脳から胸まで、皮下にチューブを渡して、髄液を外に出していたが、
胸から外に出すのをやめて、
脳から胃まで、皮下にチューブを渡して、髄液を体内で消化するのだ。


身体をよじったり、皮膚の上からチューブの辺りを触っても痛くはないらしい。
だが、手術を終えた父は、若干むくんだ顔をしかめており、ちょっと痛そうだった。
きっと、最初のうちはどうしても痛むのだろう。


母が、ヘルパーのスクーリングに行き始めた。週に2回のスクーリングと、テキストを使った勉強を、3ヶ月位することで、資格が取得できるらしい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/79-19ba0d10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。