スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談員とケアマネージャー 

相談員とケアマネージャーが我が家の状況を見にきた。
まさか本当にこんな山奥まで見に来るとは思っていなかったので、びっくりした。

相談員の男性は、初めて会ったのだが、ケアマネージャーの方には2、3回あったことがあった。なんとなくきれいな人だなぁと思いつつ、友人の奥さんに雰囲気が似ているなぁと思ったりしていた。

スロープを作る話や、できなくても裏の敷地から車で上がって来れる話をした。
屋内は手すりを設置する程度で済みそうだ。
玄関には、車椅子で外出するための板をレンタルして設置すればよさそうだった。

ケアマネージャーの女性が、「じゃあ進行状況をブログで更新したりしなきゃですね!」と、一言。

あー見られているのだろうか。困ったなぁ。弱ったなぁ。なんだか恥ずかしいので、美人のケアマネージャーさんは、病院内でブログのことを話さないでください。お願いします。

夕方病院へ行くと、相談員の方とすれ違ったので挨拶をした。喫煙所近くにいた患者さんが
「おーい、あんた随分髪が伸びたねー。そろそろ切らんと、詐欺師って呼ばれるばい」
「どうして?」
「姉歯さんに似てきとるから」
などと喋っていた。なるほど、ちょっと似ているかもしれないが、それはちょっとあんまりにも可哀想だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/7-1a84fe7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。