スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制度の変化 

介護保険制度が変化したせいで、父の介護がかわった。

週3回のリハビリが週2回になり、その他の介護施設での入浴週1日を加えると、週3回、家からどこかへ出かけて何かをするようになった。

これまでなら、週4日はリハビリやら入浴等で出かけ、社会と交わる機会があったのだが、これからは週3日だけになる。つまり週休4日制になった。これではどうしようものない。

自宅では僕と母が共同で父を週1で風呂に入れていて、その時マッサージもしている。介護制度が変って週休4日になってからは、そのマッサージを父がとても痛がるようになった。

リハビリで父が立ち上がるのが先か、右脳の損傷とその影響から加速しているボケの進行が先か、ぎりぎりなんとか頑張っていたのだが、最近は母も僕もちょっと諦めモードだ。やばい。

沼からじわりじわり浮き上がるかのようにゆっくりとゆっくりと回復して来ていたのだが、リハビリが1日少なくなった影響が、非常に大きいということに愕然とした。

死に往く者はとっとと死ねということなのか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/237-c65c2575

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。