スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。 

年末ばたばたしながら、なんとか年越しそばを一緒に食べることができた。

冬休みがいい感じに1週間休めたので、毎日毎日父と一緒にお風呂に入った。

2007年の秋、ぼくは母と喧嘩をしてしまい、3ヶ月ほどほとんど実家へ帰らず、たまに帰っても親父の顔を見て、母の体調をちょっと見て、すぐ帰る日々が続いた。

2007年の12月はじめに和解し、それからはまた以前と同じように週末になれば実家へ帰り、父と入浴していた。でも、空白の3ヶ月で、父の麻痺している左腕、左足は以前より堅くなってしまった。

ぼくは1週間の冬休み、出来る限り父の身体をマッサージしようと密かに誓っていた。1週間で、だいぶ柔らかくなったような気がした。同時に、日に日に、ぼくと父は母の料理で太って行った。

普段なら食べないような高カロリーの食事を母は作り、食卓に並べた。父は、久しぶりの高カロリーの食事に舌鼓をうちながら、確実に脂肪として蓄えた。ぼくも一緒に。



ぼくが不在にしていた秋から、実家では猫を飼い始めていた。これまでわが家では犬、インコ、鮒、金魚、ザリガニ、カブトムシなど様々な生き物を飼って来たが、猫は初めて。

それは、ぼくが猫アレルギーであることに加え、父があまり猫を好きじゃなかったから。だが、気まぐれに父の膝に乗り込んで来てはぐるぐる喉を鳴らす猫に触っている間に父は、猫が好きになったらしい。

そしてぼくは喧嘩してなかなか帰って来なかったので、猫好きの母は思い切って2匹のノラ猫を飼い始めていた。

おかげでぼくは、くしゃみと戦いながら、猫好きになってしまった。

週末が更に楽しみになった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/236-f6f229cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。