スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆ご飯 

実家へ戻ると母が豆ご飯を炊いて待ってくれていた。

それを父と一緒にみんなで食べた。
父はもう、おかゆではないご飯が食べられる。

だけど、コーヒーやお茶などの飲み物は、とろみを入れないと相変わらずむせる。


コーヒーを入れていた銀色の水筒を、たまたま父の目の前に起きっぱなしにしていたら、不思議そうに水筒を右手で回しながら「へぇ~」と父が呟いた。

「どうしたと?」
「・・・。」

しばらくすると「これ何?」と父が言った。

「なんやろうねぇ~。何か書いてあるけど、これわかる?」
と、ぼくは水筒に貼ってある英語のシールを父に読ませてみた。団塊の世代で「日本も知らんくせに海外なんて興味もない!」と、海外旅行に対してみょうなこだわりをもっていた父が、アルファベットを読めたのかどうかぼくは知らない。でも、結構デキル男だったらしい父なら、きっと読めたんだとぼくは期待した。

「ライター」

フランケン・シュタイナーと書いてある最後の部分が、確かに、ライターと読める。

「うん、うん。確かにここんとこに『ライター』って書いてあるけれど、フランケンシュタイナーって人の名前なんだよ。これはね、父さん、水筒」

「・・・」

ぼくと父の一連のやり取りの後、母とお喋りして、水筒をライターと間違えたことなんか忘れた頃

「どうやってつけると?」

と父が聞いてきた。

「やけんね、ライターじゃなくて、フランケンシュタイナー。で、水筒。ここ押すと、ほら、ポコって飛び出てきて、ここからコーヒーが」

といって、水筒の小さな蓋に、ちょっと残っていたコーヒーを注いだ。するとおもむろに父はコーヒーを「ズズズ」と、すすって飲んだ。

「これ何茶?」

「コーヒーだよ。お父さん好みじゃないコーヒーやけん、まずかろう?」

「うん。まずい」

高さ25cmくらい、直径5cmほどの銀色の水筒が、きれいだと思ったのか、感触がなんともいえずよかったのか、父はしばらく右手で水筒をテーブルの上でクルクル時計回りに回していた。


雨が降りそうで降らない曇り空の初夏に、なんだかとてもゆっくりできた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/230-dd02198a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。