スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴 

来週は妹の誕生日だ。父に相談してみた。
「来週●◎の誕生日だね」
『ああ、そうだね』
「プレゼントに何にしようか?」
『枯れない花か木がいいね』
まさか父がブリザードフラワーなんて知らないだろうし一体どんな花や木がいいと思ったんだろう。でも、父の優しい気持ちが嬉しかった。今度妹に会った時、伝えてやろう。


日曜日の夕方、いつものように父をお風呂に入れた。

先週はぼくが忙しくて実家へ帰れなかったので、父にとっては2週間ぶりの自宅のお風呂。

麻痺している左手と、足が以前より硬くなっていて、なかなか伸びなかった。ちょっとぬるめのお湯にしておいたので、長めに浸かった。15分くらいしたらまた以前と同じ位腕と足が伸び始めた。

お風呂からあがる時、母が足を滑らせて、父を抱えたままゆっくりと沈むように転んだ。ぼくは慌てながら父の両足を右手で抱え、背中に左手を回した。ちょっと辛い体勢だったけれど、そうやって父を支えて、父の体重が母にかからないようにするしかなかった。

母も慌てたらしく、すぐさままた起き上がって、数日前に腰を痛めたと言っていたのに、すぐさま立ち上がると、いつも以上のパワーでまた父の両肩に手を滑り込ませて、父を持ち上げた。

そのまま父をまた車椅子に乗せ、なんとか怪我もなく、入浴を済ませた。母の腰が心配。

あとでお風呂場の床を調べてみたら、一カ所とてもぬるぬるしていた。どうやらボディーシャンプーがそこだけ残っていたようだった。今度からきちんと確認しなければ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/221-dfb7fce8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。