スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重“夢”大吊橋 

父と母は、住民ということもあり、正式なお披露目の前に住民だけが招待されている『九重“夢”大吊橋』へ行ってきた。

でも、父は高所恐怖症だった。人並みに押されながら吊り橋を半分ほど渡ると、「怖い。戻ろう、戻ろう!」と半ば怒りながら言い始めたのでぼく達は引き返した。

でも折角だからぼくだけ橋を全部渡って、堪能した。なかなか素晴らしい眺めだった。でも、これにお金を払って、もう一度渡るかと聞かれると、即答しかねる。吊り橋から望める滝や、渓谷の眺めは素晴らしいが、滝や渓谷を見るためだったら直に触れられる所まで降りて行きたいし、第一、吊り橋渡ってもなんにもないし、、。渡り終わった所には、シャトルバスが走っていて、入り口側までバスで送ってくれるらしいけど。。。

九重“夢”大吊橋を堪能して両親の所へ戻ると、嫁に行った妹から母にメールが。なんと、九重“夢”大吊橋に来ているらしい。しかも、もうすぐぼく達の所に着くから待っててくれだと。どうやら妹と母は示し合わせていたようす。

でも父がとても嬉しそうだった。ついでにみんなで写真を撮った。ネットには載せないけど。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/214-8b160eea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。