スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

84日目 

水頭症の手術をした。
脳は髄液という液の中で、ぷかぷか浮いているような状態でいるのだが、髄液の吸収ができなくなると、脳の中に髄液が溜まる。そのことで、意識障害が生じる。
溜まった髄液をなんとかするための手術が、水頭症のシャントと言われる手術だ。


父の場合、水頭症というほど、髄液が脳に溜まっている様子ではない。ただ、意識回復の可能性を高めるために、水頭症の手術を行った。
今回の手術の目的は、あくまでも意識回復のためのきっかけ作りである。

通常の水頭症手術では、脳から胃までチューブを皮下に通し、脳に溜まった髄液を、胃に流し込む。脳内に余分に溜まった髄液を胃に流し込んで消化するのだ。

チューブを皮下に通す理由は、感染症にかからないようにするためである。髄液に届いているチューブが、空気中に出ていると、感染症に罹ってしまう。


父の場合、意識回復のためのきっかけ作りが目的。そのため、今日の手術では、脳から胸までチューブを通し、胸から外にチューブを出し、感染症の恐れが出る2週間以内に、チューブを抜くか、胃まで伸ばすか、見極める。


水頭症手術の効果が見られるようなら、チューブを更に胃まで伸ばす。
効果が見られないようであれば、チューブを抜く。


効果は4日後以降に出てくる。
10日経っても効果が見られない場合は、意識が戻らない可能性が高くなる。


重度のクモ膜下出血で倒れ、右脳の1/3から1/2が傷ついており、意識の回復の見込みが薄いと医師に言われた。
でも、父の意識が少しずつだが、戻りつつあるということは、家族には分かる。


近況報告を一通りすれば、口を動かし、声を出そうと呻くようになった。
父に行った治療の説明をしている時には、耳を立てていることが分かる。
何を話しかけても眠っているような時が続くときがあるというのも分かる。


最悪の場合を覚悟しながら、それでも、父は回復すると信じて、ぼくは自分自身の将来や、生活のために、頑張る。
父が回復した時、胸を張って「親父がんばったな!」と言いたい。

コメント

コメントありがとうございます。
いつも冷静ってわけじゃなく、結構苛々したり、神経質になってしまったりしているので、日記を書いたりして落ち着こうとしています。
ほどほどに気を抜き、ある程度、流れに身を任せるしかないと思っています。
ご心配ありがとうございます。嬉しいです。

こんばんは。いつも状況をきちんと理解され、お父さんはもちろん、お母さん・妹さんにも冷静に対応できて、すごいです。私が関わったご家族の方は、とにかく担ぎ込まれた病院での、できる限りの処置を望まれます。病院を選んだり医療を評価できるほど余裕のある方はなかなかいません。気を張っている間は気付きにくいので、aquioさん自身の疲れや心労が心配です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/195-e249a7f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。