スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

159日目 

山奥の家でしておきたいことを大晦日までしていた。
竹を切って運んだり、雪かきをしたり、駐車場近辺のノリ面を整備、車の洗車などを午前中までにすませて、昼過ぎから病院へ行った。
元旦はゆっくり過ごしたかった。
昼過ぎから高塚地蔵尊へ初詣。想像以上の人出に驚きつつ、久しぶりに華やかな場に自分が混じっていることに気づき、ちょっと嬉しかった。病院へ着いたのは結局夕方の5時。きっと父はゆっくり眠っているか、左目をぼんやり開けているかだろうと思いながら枕元へ向かうと、父はちょっと起こったような顔をして、握った右手をガタガタと震わせ、右足もガタガタと震わせながら遂には立て膝までついた。
じっと目を見ていたら、空を観ていた父の目が、ぼくの目を睨みつけるように見た。遂には唇をワナワナと震わせながらへの字に曲げ、息を荒げながらやけに非道く怒っていた。

何も倒れてまでぼくについて、そんなに怒らなくてもいいじゃないか。
どんな角度から父を見ても、父はぼくに怒っているように見えた。

元旦なのにだらけた朝を過ごして知らないうちに母を苛つかせ、先に面会に来た母が父になにか言ったのだろうか、などと疑心暗鬼になってしまい、帰宅した時ちょっと口論になった。

寝る前になって分かったのだが、父は怒っていたのではなく、久しぶりに訪れた母方の伯父の声かけに興奮していたのだった。

元旦から家ではいろいろあり、先が思いやられるが、いろいろ考えさせられるお正月となった。

・久しぶりに発熱。
・山奥では夜8時以降、凍結の恐れあり。
・親しき仲にも礼儀あり。疑心暗鬼の素は自分の中にある。
・自宅介護について、一通り調べて、今後何が必要なのか、問題を絞り込む。
・そもそも介護というものがなんなのか、きちんと勉強すること。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/154-97fd1b79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。