スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

164日目 

父の住民票がある地方の役場へ行って、国民健康保険証への切り替えと、障害者手帳発行の手続きをした。

クモ膜下出血で倒れた父には重い後遺症が残っており、それは障害者として認定されるほどのものらしい。認定されたら、特別な車椅子やコルセットがもらえたり、車椅子で通るためのスロープを庭の段差に作るための助成が得られるらしい。

母が揃えた書類を持って役場へ向かっている最中は、「介護認定」の申請だと思っていた。役場で話を聞いているうちに、「障害者認定」だと分かり、辛かった。

介護認定、障害者認定ともに父は受けられるのかもしれない。
障害者年金も得られるのかもしれない。

1級障害者になると、3割負担の医療費全額も助成されるらしい。そのためには両親の所得証明書が必要らしい。

しかし、障害者年金を得た後に、父が38年間払い続けてきた厚生年金を受け取れるのかどうかは社会保険事務所へ行って相談してみないと分からない。


また、介護、障害者、としてだけではなく、世の中には65歳以上を対象とした、高齢者認定というのもあるらしい。

知らなかったことばかりだったから、新しい情報を知る喜びはあるけれど、それはなんだかとってもやるせない気分にさせる。

挫けずに、次から次に、色々な申請をして、あちこちの役場や社会保険事務所へ行って、確定申告の準備もしなければならない。

がんばろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/151-5767443f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。