スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

191日目 

嚥下の検査を、外部の精神科の女医が行った。

電話をして母に様子を聞くと、妹とともに怒り、悲しんでいた。

「今回私は中村さんに初めてお会いしたのですが、
目も開けませんし、一切反応がみられませんでした」

と、ズバリいきなり言われたらしい。

担当看護師が言うには、検査医は、嚥下検査で使うゼリー状の飲み物を
父の口を無理矢理こじ開けるようにして入れたらしい。
それを、
「飲み込ませようとしましたが、全て吐き出しました」
だと。

女医は非常に高圧的で、母や妹の意見等一切聞き入れなかったらしい。

次回の検査では、絶対にぼくは参加する。
そしていちいちちくちく反論してやるのだ。


いいニュースも☆
担当の作業療法士さんが、
「yesなら手を頭上に挙げ、noなら手を左右に振ればいい」
とアドバイスしたところ、父はすぐさまそのやり方で、意思表示し始めた。

「お父さん、リハビリ好き?」
手を挙げる。
「お父さん、ヒゲ剃って欲しい?」
手を挙げる。
「看護婦さんはみんな優しい?」
手を左右に振る。

そんな感じだったらしい。嬉しくてたまらない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/137-55374eb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。