スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

201日目 

今日は日曜日。リハビリはお休み。
4日ぶりに面会に行くと、父の調子が驚くほどよくなっていた。
何か尋ねると、はっきり首を縦に、横に振るようになっていた。


「最近お父さんは右手でパジャマを引っ張って『帰りたい! 帰りたい!』っていうのよ」
母が電話口で言っていた仕草を目の当たりにして切なくなった。


まだ家に連れて帰ることはできないけれど、ぼくは父をどうしても外に連れ出したいと思った。そこで看護師さんに車椅子に乗せてもらい、
「ちょっと散歩に行ってきます!」
と言って、裏口からちょっとだけ外出♪

驚いたことに、車椅子に乗った父は、看護婦さん達に右手を挙げて
「じゃ! 行ってきます」
そんな仕草をするようになっていた。


由布岳の山頂周辺には、まだうっすらと雪が残っているけれど、
畑のあちこちに、植木のあちこちにもう春がこっそりひそんでいる。
だけど時折吹く強い風がまだ肌寒い。

「寒い? もう病院に戻る?」
外に出てすぐ父に尋ねると頭を縦に振り
「寒いから戻るぞ!」
と頷いた。

一旦病院に戻ってまた尋ねると「もう一度外に出たい」と頷いたので、ぼくの上着を着せて再度外気に挑戦し、二度目はちょっとだけ日向ぼっこした♪


ほんの5分か10分くらいだけど外に出た!


それから食堂へ連れて行って「お茶飲む?」と聞くと「飲む!」と頷くので
まず空のコップをテーブルに置くと、なんと父はコップを持つではないか!

母はやめときなさい!と言っていたけれど、どうしても父に、父が好きだった熱いお茶を飲ませたくて、熱い熱いお茶をチョビットだけコップに入れて、手を添えて飲んでもらった。熱過ぎたらしくて、父は顔をしかめてお茶を出した。

ベッドに寝かせて帰る時、父は右手を口元にあてていた。
悪いことをしたなぁと思った。

きっと、父は大好きな熱いお茶を、やがて飲めるようになる。そんな気がする。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/135-040d4245

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。