スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

222日目 

母から電話で父の様子を聞いていて「それはちょっと本当なのかい?」とちょっと信じられないことがあった。それは、父が笑うということ。

倒れた直後、医師から「右脳が損傷したので感情面でちょっと障害が残る可能性が高い」と言われていたし、これまでの父の状況から言うと、父が笑うという感情表現できるほど回復していはいないだろうと思っていた。

同じようにちょっと信じられない話として父がひそひそ話のように何かを言うということ。倒れてからこの7ヶ月間ぼくたち家族は一切父の声を聞いていない。夜勤の看護師さんがたまーに、父が「はーい」と言ったという話を聞いたりしたことがあるだけだった。ぼくは父が失語症になってしまったのではないだろうかという不安が大きくあった。

ぼくは風邪を引いていたのでここ2週間ほど父に会いに行っていない。そのわずか2週間で父が「話し」「笑う」なんて?! と疑いながらも期待して行った。

母が言う通り、父はかすかな声でものを言うし、面白いことがあると肩を揺すって表情を崩して笑うのだった。驚いた。リハビリの効果というのはこんなに次から次に出てくるのか。

7月27日の未明に倒れ、12月下旬にリハビリ病院に転院するまでは胃瘻と点滴だけで栄養を取り、なにかというとすぐ微熱が出て顔がやつれていた。

それがいまや、話を聞いては笑い、微かな声で「ありがとう」とか「おやすみ」とか言う。「『あ』を書いてみて」と言うと、ネズミが這ったような字だが、確実に指は『あ』を書いている。先週からはゼリーを食べる嚥下訓練も始まっている。テレビから興味のある話が聞こえると、ガバッと身を乗り出してテレビを見る。右手でベッドのサンを掴んで起き上がろうとする動きを最近は見せる。

手で自分の頭を指差して、そのあとパァ~とし、父は自分がクモ膜下出血で倒れて頭が思うように働かないということを認識するまでになっていた。

ただ、今日面会に行って、父が最初にしたぼくへの挨拶が、人差し指と中指を揃えた
「煙草を吸わせろ」
だったというのがちょっとなあー。嬉しくも辛い。

コメント

コメントありがとうございます。
自宅介護が始まって、煙草を要求されたりしたら、ぼくはもうたまらないです。あげたいけれど、それは直接父の命に危険が生じる。
煙草をやめるくらいなら死んだ方がましじゃ!
と言っていたけれど、本当に死ぬ可能性があるから絶対にあげてはいけない。
ただ父もそれが分かっていながら吸いたいと言っているようなら…。などともの凄く葛藤してしまいます。

しゃべると舌を動かすから自然と嚥下訓練にもなるし、ひとつハードルを越える度に相乗効果が現れるから、うれしいですよね。
タバコの仕草とか、男同士の会話って感じで、なんかいいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/128-103e0bee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。