スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院をはしごした 

父の面会の後、高速道路を使って30分ぐらい走って、おじいちゃんのお見舞いに行った。

着いたら眠っていた。母とぼくが眠っているおじいちゃんをじーっと見ていたら、
「お食事の時間ですよー」
と看護師さんが声をかけた。
おじいちゃんは目を覚ますなり驚いて、ぼくと母の顔をおろおろしながら見た。 
「久しぶりじゃの~! 相変わらずくしゃみするか?」
とじいちゃんはぼくを見て言った。

どうやらだいぶ回復しているようだった。
回復して、気持ちが落ち着いて、思考が戻ると、じいちゃんは病院にいることがもの凄く嫌で、寂しそうだった。

母にしてみれば、夫が倒れ、父まで倒れてしまったという状況だけど、共に容態が安定し、回復し始めたのでほっと胸を撫で下ろしているようだった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subarachnoidhemorrha.blog64.fc2.com/tb.php/125-5814d7b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。