スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太った 

食っちゃ寝、食っちゃ寝する予定だったが、予定通り食っちゃ寝できた。おかげで買い込んだ本はあまり読めなかった。読書より、実家に足りない家具を作ろうと、1日おきくらいでぼくはD.I.Y。日曜大工をした。テーブルの下に一カ所デッドスペースがあり、そこにぴったり当てはまる棚を、なんとしても作りたかったけれど、完成にはいたらず、冬休みが終わった。

この2週間、1日おきに父と風呂に入った。麻痺している父の左半身が、とてもやわらかくなった。そのせいか、入浴のときよく左肩が痛いと怒るのだが、次第に怒らなくなってきた。きっと、身体が柔らかくなって麻痺で痺れているところも柔らかくなったのだろう。

1日おきに一緒にお風呂に入って、ぼく以上に食っちゃ寝、食っちゃ寝している父のお腹がたぷんたぷんになってきているのが気になる。父の体重は今何キロくらいあるんだろう。本当にもうたぷんたぷんだ。かといって、食事を減らすのは嫌だし、胃瘻から入れている栄養をこれ以上減らすのもはばかれる。

ゴンタ同様、父もおやつをもっと減らさねばならない。

スポンサーサイト

さつまいも 

父は最近、ぼくがなにか食べていると、じーっと羨ましそうにぼくを見る。
そして右手を広げてぼくにのばす。でも、嫌いな物はやっぱり要らないらしい。

「お父さん、さつもいも食べる?」
「いらん」

でもなぜか、母が隣で芋の皮をむいて父に手渡すとおいしそうに食べる。
一口食べると次はまだか、と。

今年のさつまいもは去年のに比べてとてもおいしく、ぼくもそんなに好きな方じゃないけれど、今年はやけに沢山食べた。そして余った皮をゴンタにやると、これまた美味そうに目尻を下げて食べる。

夜コタツでテレビを見ながらぼくと母はどうしても放屁してしまうのだが、あんまり鼻がたまらんので、ライターをつけてやった。おならの臭いはマッチをすると消えると聞いたことがあるけれど、ライターでも少しは消えるのだなあと。

入院 

父が入院した。一昨日突然決まった。

もともと、両親の住むところは九州でもよく雪が降り積もるところだから、リハビリのことを考えると、1月か2月はできればリハビリ病院に入院させたいと考えていた。それにしても急に決まって、急に入院した。

父はちょっと退屈そうだったから、寂しいだろうが気分転換にもなるだろう。
多分1ヶ月くらいは入院できるだろうから、その間、母は身体を休ませて欲しい。

入院時に検査したらなんと父の体重は60Kgもあったらしい。ぼくとあんまり変わらないではないか。どうりで最近お風呂に入れるとき重かったわけだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。