スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記 

医師には専門があり、当然専門外のことになると、研修医レベルまでの知識しかないとか、あるいは興味がないといった場合があるのだと、今回知った。


特に、脳神経外科のような、高い技術と、最新の技術が要求されるような分野で頑張っている医師は、脳の手術は非常に優秀だが、その後のケアについては非常に疎いのだという印象を受けた。


手術が大成功して医師を信用しきっていた1ヶ月後に、6cmもの褥瘡ができた。

手術が成功したために、医師をはじめとする病院を信用しきっていたのだが、褥瘡ができるというの看護士の明白な「怠慢」でしかなく、それも6cmもの大きさである。


「脳ではない分野で、父が参ってしまう!」と思い、急いで転院することができたのは、家族に看護士である妹がいたからである。


現在の医療システムでは、病院に3ヶ月以上入院することはできない。それ以上長くいると、病院の経営を圧迫するらしい。だから、いい病院に辿り着いても、また3ヶ月後には病院を探さなければならない。

今回転院して、父はまたICUに入っている。1日9万円の費用が、ICUにいるだけでかかる。

転院するたびに、検査やら、病状を看るためにしばらくICUに入っていては、家族の経済は破綻してしまう。


折しも、先月の選挙で大勝した自民党が、高額医療費の補助について、見直しを検討している。

定年し、収入がなくなる。そうなると、毎月の出費を抑えるために、生命保険を縮小する。そして、倒れたら、僅かの保険金の給付と、毎月100万円近い出費が必要となる。

父の場合、高額医療費の補助によって、患者の負担する実費が、約7万5千円程度で済むのだが、もし、両親に貯金がなかったら、毎月7万5千円を病院に支払い、おむつ、パジャマ、洗濯物といった雑費も必要となる。


補助を受けるための手続き、お見舞いにきてくれた人への配慮、父に必要なものを揃えたり、情報を集める時間も必要になる。


正直言って、お見舞いにいっている時間がもったいないくらい、忙しくなる。また、お見舞いにいく時間があったら、副業を身につけたいと思う。


仕事と看病を両立することは、精神的に、肉体的に、経済的に、こんなにしんどいものだとは思ってもいなかった。

スポンサーサイト

83日目 お墓参り 

朝7時過ぎに家を出て、父の実家へ行った。

明日、水頭症の手術をする。
その後1週間経っても意識が回復しないようであれば、
今後、意識が戻る可能性は非常に低いと医師にいわれている。

父の実家でご先祖様にお線香を上げた。
もうすぐ90になるおばあちゃんが半ばボケながら、それでも相変わらず元気で、羨ましかった。

来月の下旬、祖父の七回忌のようなので、また来月に行く予定。

今日はきつくて、父のお見舞いには行けなかった。

96日目 

一昨年早期退職をし、
昨年山奥に温泉の出る小さな家を建てて、
今年から自給自足的な暮らしをするために父が精魂込めて耕し、育てた
野菜畑やブナ、カエデ、ヤブツバキ等の樹々。

いつ父の意識が戻ってもいいように、この週末はぼく一人で山へ行き、肥料をまいたり、雑草を抜いたり、ほうれん草や春菊、ネギ、里芋を収穫したりしてきた。

山は、紅葉が美しくて、風は強く、ちょっと寒かった。


病院の父は、水頭症の手術が完了し、若干むくんでいた顔も落ち着いたらしい。

また、眠れない夜。 

やっと、これからだったのに――。

ずっとずっと、辛そうな、奥歯に力入れて踏ん張って頑張って頑張り続けて、
最後の最後に転勤の辞令が出て、もうたまらんから早期退職をして、
退職金をはたいて、妻の実家にほど近い場所にちっちゃなセカンドハウスを建てた。

ようやくこれから、誰気兼ねなく、好き勝手に、自分の好きなように生きていられるはずだった――。


戦後の貧しい時代に、金持ちの親戚の元へ、小学生の頃里子に出され、
その後実家に戻れたものの、学生服は兄貴達のおさがりでつぎはぎだらけ。
一番上の兄貴からの仕送りと、新聞配達で高校を卒業し、
成績は優秀だったけれど本番に弱かったのか、希望していた会社には就職できず、
なんとか就職した会社はそれでもやがて一流企業として復興した。
でも高卒の父はどれだけ頑張っても課長どまり。若いのが次から次に昇進して行く。
左遷も栄転もあり、本社勤務にまでなったが、最後は家を建てた九州に戻りたいと部長に頼んで転勤させてもらえたが、年下の上司と馬が合わない。
結局また転勤を命じられ、それを機に早期退職。そして、山奥にセカンドハウス。

建って、まだ1年経たないうちにクモ膜下出血で倒れ、100日を越えた今も意識不明。
右脳の半分近くは駄目になってしまい、回復の見込みは判然としない。
どれだけ回復したとしても左半身は麻痺。

物心ついた頃から苦労を重ね、やっと自由気ままな第二の人生を過ごせるという矢先に、苦労は追い打ちを重ねるのか。

まだ60歳にもなっていない。これまで病気で倒れたこともなかった。



面会に行って、いよいよまた仕事が始まる前日の夜。
病院で横になり、自由の利かない体内に閉じ込められ、魂すらどこへ行ってしまったのか分からないほど脳が損傷しているのに、涙を浮かべながらぼくの話を聞いてくれる父の寝顔が瞼の裏に焼き付いている。

ぼくは今こんなことしている場合ではないのではないだろうか。
今ぼくがしなければならないことが何かあるのではないだろうか。
仕事も睡眠も明日も、どうしようもない程くだらない気分になる。
だけどきっと、だからこそ、よく分からないけれど、
淡々と仕事をして、眠って、自分の人生の目標のために頑張らなければならないと思う。そう思うのと同じほど、父を想うと苦しい。

親子喧嘩 

母と、夜中の11時過ぎに口論となった。

自動車の車検と整備について、などという大したことではない内容で口論となり、もうなんだかどうしようもないほどくたびれ果てた。
父が倒れてから初めての口喧嘩だった。

元来、べったりと仲の良い親子関係という訳でもなかったので、一緒に住んでいると酷い口論がちょこちょことあった。でも、もう口論なんてしたくない。
へとへとなのに、下らないことで喧嘩なんかして、いやになった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。